2022年 1月 17日 | エリア情報

JR[小森江駅・九州工大前駅・枝光駅・陣原駅・安部山公園駅・朽網駅・志井公園駅」きっぷ販売窓口廃止


スポンサーリンク

JR九州は2022年3月12日(土)、駅体制の見直しとして、29駅の無人駅化と、48駅できっぷの販売窓口を廃止します。

同社では、少子高齢化の進行や人口減少、労働人口減少、昨今の自然災害や、新型コロナウイルス感染症の影響での鉄道利用の減少等で鉄道旅客運輸収入が減少。今後も以前のような水準には戻らないものと想定し、体制見直しを実施します。

見直しに伴い、駅係員が終日不在となる駅では、ホームや改札口に録画カメラを導入、駅によってはカメラを通じて、利用者を遠隔で見守るなど安全を確保します。また、列車接近警報装置を設置し、列車がホームに侵入する際に放送と電火掲示板により、列車接近の注意喚起を行います。

ニュース画像 1枚目:駅員が終日不在となる駅(29駅)

ニュース画像 2枚目:きっぷの販売窓口を廃止する駅(48駅)

▶︎ Facebook

▶︎ Twitter

こちらもご覧ください。

ご覧のサイトは「みんマイ(みんなのマイリビング)」のホームページです。

「みんマイ」は、北九州市唯一の月刊無料住宅情報誌で、北九州市内とその周辺の百貨店、スーパーマーケット、北九州モノレール全駅、主要JR駅、北九州市内企業、工場の社員食堂等、また北九州市東京事務所にも設置させていただいているフリーペーパーです。