2021年 7月 28日 | エリア情報

安部山公園の桜をイメージした恒見〜小倉間に「連節バス」導入へ


スポンサーリンク

西鉄、北九州地区 恒見~小倉間に「連節バス」を導入 運行開始

西鉄バス北九州では、2021年7月31日(土)より、恒見〜小倉間(恒見ルート)において、

新たに連節バスの運行を開始すると発表しました!

また、弥生が丘・昭和池エリア、安部山公園エリアの路線再編を実施することも合わせて発表!

連節バスの車両デザインを担当したハーティブレーン株式会社によると、

安部山公園をはじめとする小倉南区の公園に数多く見られる桜をイメージした

ピンク色で、沿線の街のシンボルでありたいという思いを込めたとのことで、

ひときわ目を引くデザインとなっている。

▶︎連節バス恒見ルートの概要

【運行開始日】 2021年7月31日(土)

【運行台数】  3台(「CITARO-G」メルセデス・ベンツ製)

【運行ルート】 恒見〜小倉間 行先番号:特快10番恒見〜小倉線

(恒見営業所〜寺迫口〜安部山入口〜砂津)

【運行便数】 恒見〜小倉間1日12往復(平日・土曜・日祝)

【運賃】   通常の路線バスと同額(例:恒見営業所〜小倉駅バスセンター間410円)

▶︎路線再編の概要

【実施日】2021年7月31日(土)

ご覧のサイトは「みんマイ(みんなのマイリビング)」のホームページです。

「みんマイ」は、北九州市唯一の月刊無料住宅情報誌で、北九州市内とその周辺の百貨店、スーパーマーケット、北九州モノレール全駅、主要JR駅、北九州市内企業、工場の社員食堂等、また北九州市東京事務所にも設置させていただいているフリーペーパーです。